2018年10月07日

帆布とは

帆布とは

岡山県倉敷市が国産帆布の7割を占める帆布。私たちには馴染みの深いものですが、一般の方には見慣れない字面の、聞きなれない言葉かもしれません。

 

読み方は「ほぬの」ではなく「はんぷ」。帆布がどのようなものなのか、何に使われているのか、さらには特徴や歴史なども併せてご紹介していきます。

 

帆布とは丈夫な織物です

 

帆布とは丈夫な織物です

帆布とは、ひと口に言ってしまえば織物の種類です。別名は「キャンバス」。こちらの方が耳に馴染みのある言葉かもしれませんね。

 

糸を撚(よ)り合わせて平織りした丈夫な生地で、麻や綿、ナイロンなどの合成繊維を用いることが一般的です。「撚る」とは糸やひもなどをねじり、互いに巻き付けることを言い、「平織り」とは経糸(たていと)と緯糸(よこいと)を交互に浮き沈みさせる織り方を指します。平織りは簡単な織り方のため、さまざまな品に広く使われています。

 

帆布が使われているもの

 

帆布が使われているもの

一般的とは言えない帆布ですが、実はさまざまなものに使われています。

 

例えば

  • 跳び箱の最上段に使われる生地
  • 体育の授業で使用する体操マット
  • 運動会などで使われるテント
  • お相撲さんが巻いているまわし
  • 競走馬に掛けられるゼッケン
  • 油絵を描くためのキャンバス

 

そのほかにも鞄や靴、小物などにも姿を変えます。資材から日用品まで、実に多様な品に使われているのがお分かりいただけると思います。

 

帆布の特徴 -丈夫・通気性がいい・水を通しづらい・味が出る-

 

帆布が使われているもの

なぜ帆布がさまざまな物に使われるのか。理由は製品の特徴に由来します。それは、とにかく丈夫なこと。これこそが帆布の大きな特徴であり、人々に重宝される一番の理由です。

 

先に少し触れた平織りは、丈夫で摩擦に強い性質を持っています。加えて糸を撚り合わせる織り方をしていますので、他に類を見ないほど丈夫な織物に仕上がることになります。使われている品を見ても、丈夫であることが条件と言わんばかりのラインナップですね。

 

使い込むほどに味が出て、柔らかくなることも特徴のひとつ。ちょうど本革のような特性を持っていますが、エイジングが本革よりも早いのはうれしいポイントです。つまり、使い始めてすぐに風合いの良い生地になるということ。

 

通気性がいいこと、水が浸透しづらいことも帆布の特徴。このふたつを備え持つ素材は、なかなかに珍しいと言えます。鞄や靴にも使われる帆布ですが、それらに適した素材であることも頷けますね。

 

厚みと号数

 

厚みと号数

大きさを表す単位に「号数」というものがあります。釣り針などもそうですが、帆布の厚みも号数で表します。数字によって生地の厚さが変わり、数字が小さい方が厚い生地。小さい方が厚いというのが、少しややこしいですね。

 

数字は0号から11号まであり、0号が最も厚く、11号が最も薄い生地ということになります。

 

下記は号数と厚さの関係を記した一覧表です。

号数 原糸 密度 重量
番手 経糸撚り数 緯糸より数 経糸 緯糸 g/m2
0 8 6 8 26-30 17-21 1080
1 8 6 7 26-30 16-20 1014
2 8 5 6 28-32 19-23 948
3 8 5 5 28-32 19-23 882
4 8 4 4 29-33 18-22 816
5 8 4 3 32-36 22-26 750
6 8 3 3 32-36 23-27 683
7 8 3 2 36-40 28-32 617
8 16 4 4 34-48 24-28 544
9 16 4 4 44-48 33-37 510
10 16 3 3 45-49 34-38 429
11 16 3 3 43-47 39-43 343

 

帆布の歴史

 

帆布の歴史

帆布の始まりは古代エジプトと言われています。彼の時代が一体いつ頃のことを指すのかは諸説ありますが、紀元前3000年~紀元前30年ごろという見方が一般的。一説ではそれ以前も含めるという考えもあるようですが、いずれにせよ、古くから人々が帆布を利用していることは間違いないようです。

 

「帆」の文字が表す通り、船の「帆」として使われるようになったのが帆布の始まり。当時は亜麻(あま)の帆布が使われていたようです。親しみやすい装飾用語に置き換えると「リネン」のことですね。

 

日本へ伝わったのは江戸時代の末期。帆布発展の立役者となったのは「工楽松右衛門」という人物でした。船頭であり発明家でもあった彼は、足の速い船を作るため帆に改良を重ねることにより、未来への礎を作りました。

 

当時の和船は、帆に「むしろ」を使用していました。藁のことですね。もちろん丈夫なはずもなく、幼いころから創意工夫を得意としていた松右衛門からすれば、不満材料の多い製品だったのでしょう。

 

帆布がテントや小物に化けたのは明治時代以降のこと。貨物列車のシートや牛乳配達に使われる袋など、その用途はさまざま。戦時には軍服にも使用されています。

 

現在、帆布が資材や装飾品をはじめ、身近な品に姿を変えて人々を豊かにしていることは、冒頭でお伝えした通りです。

 

帆から生まれた帆布の魅力を、多くの人々に伝えていきたい。私たちは、日々そんな想いを胸にお仕事をしています。

 


 

■ 倉敷帆布オンラインストア ■
一押しの商品や開催中のイベント情報を紹介中です。