倉敷帆布

【行正り香×倉敷帆布】折敷マット

¥ 2,530~¥ 13,860 (税込)

倉敷帆布

【行正り香×倉敷帆布】折敷マット

¥ 2,530~¥ 13,860 (税込)


<次回入荷予定>10月中旬~下旬


すでにご予約がお済みのお客様へは、弊社より商品入荷のご連絡(メール)を差し上げています。メールが届いていないお客様は、お手数ですが下記までご連絡ください。

電話:086-485-2112
メール:info@kurashikihampu.co.jp
※メールの際は、必ず「お名前」「電話番号(携帯)」を記載ください。

★ご注意★
弊社からのメールが、「迷惑メールフォルダに振り分けられている」や「サーバーではじかれている」などの事象が発生しています。一度ご確認ください。

行正り香×倉敷帆布

表面に超撥水加工を施した『折敷マット』。
ありそうでなかった正方形型・帆布素材の折敷は、人気料理研究家の行正り香さんがデザイン。
水分をしっかりと弾き、お手入れも簡単!汚れを気にせずご使用いただけます。
表面は「赤い倉敷帆布ロゴ入り」、裏面は「ネームなし」、表・裏関係なくご使用いただけます。

落ち着いたデザインのため、いつもの食事風景がワンランクアップ。
一皿一皿じっくりと味わいながら、優雅なひとときをお楽しみください。

行正り香 YUKIMASA Rika

1966年、福岡県生まれ。料理研究家でありつつ、英語スピーキング教材「カラオケ!English」を手がける株式会社REKIDS代表取締役。18歳でアメリカに留学。その後カリフォルニア大学バークレー校を卒業。帰国後は電通でCMプロデューサーとして活躍し、在職中から料理研究家として料理本を出版。2007年に退社し、子ども向け学習ポータルサイトを開設。料理本の著書は50冊以上、累計売り上げ80万部以上。中国語版、韓国語版にも翻訳されている。2011年よりNHKワールド、「Dining with the Chef」のホストを務め、世界に向けて日本料理をプロモート、英語の料理本「Rika’s Modern Japanese Home Cooking」(Rizzoli社)も出版している。主な著書に『行正り香の暮らしメモ100』(マガジンハウス)、『19時から作るごはん』(講談社)、『今夜は家呑み』(朝日新聞出版)『行正り香のインテリア』(講談社)などほか多数。2020年12月1月はNHK「趣味どきっ」でナビゲーターを務める。


◆商品情報

本体サイズ 縦:約32.5cm 横:約31.5cm
重量 約190g
カラー
品質 【素  材】倉敷帆布(11号綿帆布、超撥水加工)
【生地生産】日本(岡山県倉敷市)
【縫  製】日本
ご注意 お使いのディスプレイ、ブラウザによって、色目が実物と若干異なる場合がございます。

商品の特性(必ずお読みください)

倉敷帆布生地は、シャトル織機で織り上げた帆布ならではの独特な風合いがありますのでご理解の上お楽しみください。

  • ・糸のつなぎ目や織り段(横筋・糸節)が生じる場合があります。
  • ・帆布の耳(セルヴィッジ)に、小さな凸や凹ができることがあります。
  • ・日焼けによる色褪せ、雨・汗・摩擦による色落ちが起きる場合があります。

倉敷帆布生地は綿100%

  • ・濃い色の場合、濡れたものと擦ると多少色落ちしますのでご注意ください。
  • ・綿100%の生地ですので、洗濯する場合、縮みと色落ちにご注意ください。

お手入れについて

【普段のお手入れ】

乾いた布や毛先の柔らかいブラシなどで汚れを落としてください。汚れによっては白い消しゴムで軽くこすると落ちる場合もあります。強くこすると色落ちの原因になりますのでご注意下さい。

【お洗濯】

汚れた場合は、早めにその部分を硬く絞った柔らかい布で優しく叩いて下さい。
汚れが気になる箇所は部分的に中性洗剤で叩き手洗いをして下さい。すすぎの際はなるべく擦らず押し洗いするようにすすぎ、形を整え通気性の良い場所で陰干しして下さい。脱水機はお避け下さい。
洗濯による縮み・色落ち・色移り・型崩れが生じることがありますので、ご了承の上でおこなって下さい。
(パラフィン加工商品や革を使用した商品、マグネットを使用した商品は特にお洗濯はお避け下さい)

【保管方法】

直射日光の当たる所や高温多湿の所は避け、風通しの良い日陰で保管して下さい。

  • 倉敷帆布

    ブランド紹介 | 倉敷帆布(くらしきはんぷ)

    ファクトリーブランド「倉敷帆布」は、帆布ならではの素材の良さを生かしたシンプルなデザイン性で、年齢や性別を問わず多くの方に愛されるブランドです。バッグを中心に、ファッション小物、キッチン雑貨、文具など幅広くアイテムを展開しています。

    明治以降、トラックの幌やテントなど産業用素材として多く使われてきた帆布(はんぷ)。その中でも、倉敷帆布は、原糸から一貫生産にこだわり、丁寧で高品質なもの作りを続けてきた「一級帆布」です。従来用途のほとんどが代替品に変わり安価な輸入品にとって代わられる今、私たちはこの伝統ある生地を後世に残すため、国内では希少となった帆布の織物会社によって「倉敷帆布」を立ち上げ、エンドユーザー様の手に届く形で価値を発信しています。