倉敷帆布

【手染め】ショルダートート(インディゴ)

¥ 7,810 (税込)

倉敷帆布

【手染め】ショルダートート(インディゴ)

¥ 7,810 (税込)


ラッピング指定の手順はこちら


【ご使用の前に】
本商品は手で擦ると青い色が手に移ります。
ご使用前に、たっぷりの水、またはぬるま湯で色出しをしてご使用いただくことをお勧めします。

カラー:選択してください

  • インディゴ

数量

ラッピング

軽くて、肌ざわりが良い、染めのショルダートート。

帆布の中でも上質な上綿11号帆布のトートをひとつひとつ手染めしました。
インディゴ染料の独特な味わいは、他にはない奥深さがあります。
ざっくりとした使いやすいシンプルな形でバッグの重さは290gと軽量。
染め、素材、形と随所にこだわりを感じられるショルダーバッグです。

■インディゴ染め
手作業で染めたインディゴブルーは、涼やかな藍色。
個々で発色が少しずつ違っています。
また、使っていくうちに色合いが変化し、経年変化が楽しめます。

【工程】
①染料にバッグを浸し丁寧に色を馴染ませ、充分に染み込ませたら一つずつしっかりと絞る。
②空気に触れさせ色を定着させる。
~①②の工程を数回繰り返す。~
③フィックス剤(樹脂系)でコーティングし、色を定着させる

◆商品情報

本体サイズ 縦:約35cm 横:約33cm マチ:約11.5cm
持ち手の長さ 約25cm(トップまでの高さ約10cm)
ショルダーの長さ 約90cm(トップまでの高さ約40cm)
重量 約290g
カラー インディゴ
品質 【素  材】倉敷帆布(11号上綿帆布)
【生地生産】日本(岡山県倉敷市)
【縫  製】日本
その他特徴 内ポケット大×2
ご注意 染色により個体差がございます。
お使いのディスプレイ、ブラウザによって、色目が実物と若干異なる場合がございます。
使用上の注意 強く擦ると、表面の色が剥離し色移りします。使い始めは特にご注意ください。
(トートの中に入れる物やお洋服にもご注意下さい。)
ご使用前に、たっぷりの水、またはぬるま湯で色出しをしてご使用いただくことをお勧めします。
お洗濯は、水または、ぬるま湯洗い(手洗い)で、漂白剤の入った洗剤はお避けください。
洗濯することで、縮み・退色・色移りが生じる場合がございます。
使い込むと色合いが変化し(薄くなり)、経年変化が楽しめます。
日焼けを防ぐため直射日光が当たらない場所に保管してください。

商品の特性(必ずお読みください)

倉敷帆布生地は、シャトル織機で織り上げた帆布ならではの独特な風合いがありますのでご理解の上お楽しみください。

  • ・糸のつなぎ目や織り段(横筋・糸節)が生じる場合があります。
  • ・帆布の耳(セルヴィッジ)に、小さな凸や凹ができることがあります。
  • ・日焼けによる色褪せ、雨・汗・摩擦による色落ちが起きる場合があります。

倉敷帆布生地は綿100%

  • ・濃い色の場合、濡れたものと擦ると多少色落ちしますのでご注意ください。
  • ・綿100%の生地ですので、洗濯する場合、縮みと色落ちにご注意ください。

お手入れについて

【普段のお手入れ】

乾いた布や毛先の柔らかいブラシなどで汚れを落としてください。汚れによっては白い消しゴムで軽くこすると落ちる場合もあります。強くこすると色落ちの原因になりますのでご注意下さい。

【お洗濯】

汚れた場合は、早めにその部分を硬く絞った柔らかい布で優しく叩いて下さい。
汚れが気になる箇所は部分的に中性洗剤で叩き手洗いをして下さい。すすぎの際はなるべく擦らず押し洗いするようにすすぎ、形を整え通気性の良い場所で陰干しして下さい。脱水機はお避け下さい。
洗濯による縮み・色落ち・色移り・型崩れが生じることがありますので、ご了承の上でおこなって下さい。
(パラフィン加工商品や革を使用した商品、マグネットを使用した商品は特にお洗濯はお避け下さい)

【保管方法】

直射日光の当たる所や高温多湿の所は避け、風通しの良い日陰で保管して下さい。

  • 倉敷帆布

    ブランド紹介 | 倉敷帆布(くらしきはんぷ)

    ファクトリーブランド「倉敷帆布」は、帆布ならではの素材の良さを生かしたシンプルなデザイン性で、年齢や性別を問わず多くの方に愛されるブランドです。バッグを中心に、ファッション小物、キッチン雑貨、文具など幅広くアイテムを展開しています。

    明治以降、トラックの幌やテントなど産業用素材として多く使われてきた帆布(はんぷ)。その中でも、倉敷帆布は、原糸から一貫生産にこだわり、丁寧で高品質なもの作りを続けてきた「一級帆布」です。従来用途のほとんどが代替品に変わり安価な輸入品にとって代わられる今、私たちはこの伝統ある生地を後世に残すため、国内では希少となった帆布の織物会社によって「倉敷帆布」を立ち上げ、エンドユーザー様の手に届く形で価値を発信しています。