• 倉敷帆布 セルヴィッジ




倉敷帆布 セルヴィッジ


セルヴィッジ (selvedge)とは帆布の織り幅で生まれるふちの部分、生地の耳といわれる部分です。
昔ながらのシャトル織機でつくられた、風合いのよい綿帆布の織り幅の耳をそのまま活かして作られたのが『セルヴィッジ』シリーズです。
本体はもちろん、持ち手、内ポケットに至るまですべてのパーツが「帆布の幅」で出来ているので、
帆布の余り(裁断ゴミ)が出ないように作られています。
機屋(はたや)が手がけたからこそ生まれた究極のバッグです。