倉敷帆布とは

倉敷帆布とは

倉敷のやさしさが育てた、世界に誇る最高品質の一級帆布です。

1888年より伝統を紡ぎ、革新を織り続けてきた『倉敷帆布』。
その品質に大切な役割を果たすのが、130年以上受け継がれてきた高度な糸撚り技術です。
綿100%の原糸数本を撚り合わせて生み出す、しなやかさと強さを併せ持つ糸は、
職人の経験と感覚を頼りに、現在では希少な『シャトル織機』によって織り上げられ、
セルヴィッジと呼ばれる美しく整った両端を持つ『倉敷帆布』へと生まれ変わります。
より厳格な旧JIS規格をいまなお守り、最高の技術力で織りなす最高品質。
綿花という自然の恵みと人の想いが育てた、ぬくもり溢れる一級帆布。
たくましく、やさしく、心に語りかけてくるような風合いは、
丁寧に、大切に、手間を惜しまず、妥協せずに“本物”を追い求めた証しです。

そして、『倉敷帆布』はいつも考えます。
この類まれなる魅力は、もっと多くの価値を生み出す可能性に溢れている。
人々に求められ、愛される存在となるために、できることはもっとある、と。
だから、『倉敷帆布』はこれからも挑み続けます。
テキスタイルという枠を超え、
アパレル分野はもちろん、ファニチャーや雑貨、建築など
あらゆる分野で、新しい価値を創造し続けます。